ロゴ

社内の連絡などに欠かせないチャットツールの魅力

チャット

チャットツールを使う企業が増えている

社内の人と連絡を取るためには電話やメールを使う企業がほとんどでしたが、近年はシャットツールが主流となりつつあります。電話のように会話ができてメールのようにファイルを添付できるチャットツールは、導入すれば業務効率化や収益アップが期待できるとして、多くの企業から注目を集めています。チャットツールを導入して、社員同士の連携を強化しましょう。

メンズ

社内の連絡事項や情報共有に便利

チャットツールは、社員同士で個人的に連絡を取り合えるという点が魅力ですが、他にも便利な機能が備わっています。チャットツールのグループ機能を活用すれば、指定されたメンバーに対して一度に連絡することができます。また、画像やファイルを転送すれば同時に閲覧できるので、改めて個別に資料を配布する必要はありません。個人間のやり取りだけでなく、複数のメンバーが同時に会話を行えるので、会議やミーティングにも活用できます。

オフィス

セキュリティもしっかりしているから安心

インターネットを使用するチャットツールは、大切な情報が社外に漏れ出さないか心配だという声もありますが、大抵のチャットツールサービスではセキュリティも強化されています。チャットツールサービスに申し込む際には、通信は暗号されているか、追跡機能はあるかといった点に注目しましょう。気になることがあれば、サービス会社に直接連絡して、安全なチャットツールサービスであるか確認するといいでしょう。

メールとチャットツールどう違う?

履歴がすぐに確認できるチャットツール

メールの場合は返信の際に過去のメッセージを確認する必要がありますが、チャットツールは同画面で簡単に履歴を遡れるので、返信スピードが格段にアップします。急いで相手に確認したいことがある場合など、スピードを要する業務には最適なツールだといえるでしょう。

証明に役立つメール

チャットツールは複数のやり取りを行ううちに、メッセージを見落としてしまう危険性があります。その点、メールは一通一通確認してもらえるものなので、重要なメッセージや取引先との連絡手段に最適だといえます。

試したいなら無料体験からスタート

チャットツールが利用できるサービスはたくさん存在するので、どれを選べば良いのかわからないという企業は少なくありません。各サービスの使用感がわからないという企業は、無料体験を試してみてください。実際に利用することでその利便性がわかるので、無料体験サービスを行っているチャットツールを選んで、使用感を確かめてみると良いでしょう。気に入ったサービスはそのまま正式契約できるので、複数の社員の感想を元に自社に合ったツールを探しましょう。

使いこなしたいチャットツールの便利機能

チャット

スケジュール機能

自身のスケジュール管理が行えるだけでなく、特定の相手のスケジュールを確認することができます。社員同士の予定がチャットツール上で簡単に把握することができるので、会議やミーティングの予定が立てやすくなるでしょう。

ToDo機能

複数の業務を抱えていると、その日にやらなければならないことを見落としてしまうことがあります。そんな時に便利なのが、ToDo機能です。やりたいことをリストアップできる上に、完了するまで画面に表示されたままになるので、大事な予定を見落とすことがなくなります。

グループチャット機能

個人宛ではなく、複数の相手と同時に連携を取りたい場合には、グループ機能を活用しましょう。特定のメンバーを招待してグループを作成することで、グループ内で全メンバーと同時にやり取りを行えます。

広告募集中